/

この記事は会員限定です

逆境から生まれたアート(6) リラ・キャボット・ペリー「女性とスミレ」

アート・エデュケーター 宮本由紀

[有料会員限定]

相利共生という言葉をご存じだろうか。ヤドカリがイソギンチャクを背負い相互に利益を共有する、その関係性を指す。

米ボストン出身のリラ・キャボット・ペリーが画家を志したのは36歳。女性が職業を持つ事は稀(まれ)な19世紀、既に妻であり3人の娘の母であったリラの苦難は想像に難くない。彼女のキャリアを図らずも後押ししたのが、夫トーマスである。教師の職を失い、文学批評等の原稿料に頼るトーマスの収入は不安定。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン