/

この記事は会員限定です

国民の日銀口座保有検討を 中銀デジタル通貨の課題

山田剛志 成城大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○日銀発行のデジタル法貨には強制通用力
○マイナンバーと日銀口座連携で不正防止
○デジタル法貨使用履歴は匿名加工情報に

米フェイスブックが独自のデジタル通貨「リブラ」の発行を計画する一方、中国はデジタル人民元の実証実験を2020年10月に広東省深圳市で実施した。

日米欧の中央銀行は中国先行を警戒し、中銀デジタル通貨(CBDC)の実証実験の準備を進める。日銀は21年4月にも民間や消費者が参加する実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2637文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン