/

この記事は会員限定です

小宮山宏(4)理1と化学工学

2年夏の関西旅行 岐路に おじの勧め、「定量」の概念知る

[有料会員限定]

東大駒場の教養学部へは目黒にある自宅から歩いて通っていたが、1年生の終わり頃、両親が田無市(現在の西東京市)に家を建て、そこから通学することになった。下宿にあこがれたのだが、さすがに認めてもらえなかった。

どんな大学生でしたかとよく聞かれるが、運動部に片足を置いた普通の学生だったと思う。講義や部活の合間を見つけては大学周辺のジャン荘でマージャンをし、渋谷の名画座で3本150円のリバイバル映画を見た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

小宮山宏

三菱総合研究所理事長の小宮山宏さんは2005年から4年間、東大総長を務めました。学問の世界に閉じこもることなく、専門の工学を社会の課題解決に生かそうと奮闘してきた行動派の学者です、化学、医工連携、そして地球環境問題と学際的な探究を続け、大胆な東大改革にも取り組みました。果敢な挑戦を続けたその歩みをたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン