/

MaaS成功 協調がカギ

SmartTimes ネットイヤーグループ社長 石黒不二代氏

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞日経産業新聞 Smart Times

モビリティー・アズ・ア・サービスの略であるMaaSは、移動手段を単体でなくシームレスにつなぎ一つのサービスとして提供していこうという概念だ。また、移動の発展形として娯楽や飲食、医療などを付加価値として組み合わせていこうという点も特徴だ。このMaaSの取り組みで私は小田急電鉄に注目している。

1994年にスタンフォード大学経営大学院を修了、シリコンバレーでコンサルティング会社を起業。2000年から現職。

モビリティー企業の共通の悩みは人口減少だ。今年はこれにコロナ禍が輪をかけた。だが、チャンスはまだある。若者の自動車離れだ。高齢者も車を手放しつつある。小田急はこの顧客層を主要ターゲットに自家用車に頼らないモビリティーライフを作り上げようとしている。

小田急はもともと新宿から小田原を主要路線とし、私鉄の中でも箱根、江の島など有名な観光地も行き先に持っている。また、その間には、多摩ニュータウン、町田、海老名、厚木という中核都市がある。観光地から郊外型都市まで幅広くMaaSを実現しやすいポジションにある。

小田急はまず2つのMaaSに着手している。1つは、オンデマンド型のICTを使った新サービス型、もう一つは統合型サービスだ。新サービス型では、オンデマンド交通の実証実験をしている。タクシーはドアツードアのサービスで移動としての柔軟性があるが、価格が高い。バスは安価だが目的地までの移動には歩行を伴う。

そこで同社が思いついたのが仮想バス停だ。いわゆる相乗りサービスで料金はタクシーよりも安くバスより高い。オンデマンドなのでルートも変えることも可能になるだろう。統合型として始めたのは「EMot(エモット)」という複合経路検索サービスと電子チケットの販売ができるアプリだ。

通常の検索アプリは電車やバスのみの検索で、複数の移動手段を利用する時は自分で計算をしなければならない。EMotでは、タクシー会社やカーシェアや航空会社と連携することにより、タクシーの待ち時間や料金、飛行機の遅れなどの情報を経路検索と同時に一括提供される。まさにラストワンマイルまでの移動や時間を知ることができる。

また、箱根のフリーパスは駅に行くことなしに購入できる非接触のデジタルチケットで、その沿線のサンリオピューロランドなどのチケットもEMotで購入できる。EMotの元になる共通基盤、MaaS Japanには20年10月時点で小田急を含む17社が連携してデータを共有している。小田急の例を見て、MaaS成功の秘訣がわかった気がする。EMotには小田急の名前やロゴは登場しない。利用者の旅行や買い物は小田急だけでは完結しないからだ。MaaSの主役はサービス提供者でなく利用者だ。競争より協調が成功をもたらす。

[日経産業新聞2020年11月2日付]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン