/

この記事は会員限定です

さよなら「光のパイプオルガン」ルーシー

横浜で専属奏者 後進も育てた23年に幕 三浦はつみ

[有料会員限定]

日本初のパイプオルガンは1871年、横浜山手聖公会に設置された。私はオルガンと縁深いこの街で、横浜みなとみらいホールの開館から23年間、専属オルガニストを務めてきたが、今年いっぱいで退任する。「ルーシー」の愛称で親しまれる楽器とお別れするのは名残惜しいが、私を成長させてくれた彼女に感謝の気持ちを伝えたい。

米国ニューイングランド音楽院で、日本オルガン界の草分けだった林佑子先生の下で学んだ。横浜出身...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン