/

この記事は会員限定です

中銀デジタル通貨、必要か

山岡浩巳氏/ルーシー・ガズマラリアン氏/中山展宏氏

[有料会員限定]

日米欧の中央銀行がデジタル通貨の発行を視野に入れた検討を加速させている。フェイスブック主導の「リブラ」など金融の安定を脅かしうる通貨の出現に加え、先を行く中国への警戒感もある。中銀デジタル通貨は必要なのか。民間との役割分担は。そして中国の動きをどう捉えるべきか。

◇  ◇  ◇

民間と協調の余地 フューチャー経済・金融研究所長 山岡浩巳氏

中央銀行デジタル通貨をめぐる議論は、突き詰めると中銀と民間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4047文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン