中銀デジタル通貨、必要か
山岡浩巳氏/ルーシー・ガズマラリアン氏/中山展宏氏

西村 博之
時論・創論・複眼
2020/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日米欧の中央銀行がデジタル通貨の発行を視野に入れた検討を加速させている。フェイスブック主導の「リブラ」など金融の安定を脅かしうる通貨の出現に加え、先を行く中国への警戒感もある。中銀デジタル通貨は必要なのか。民間との役割分担は。そして中国の動きをどう捉えるべきか。

◇  ◇  ◇

■民間と協調の余地 フューチャー経済・金融研究所長 山岡浩巳氏

中央銀行デジタル通貨をめぐる議論は、突き詰めると中銀と民間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]