赤神諒「太陽の門」(244)

赤神諒「太陽の門」
2020/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

ミアハは銃声で目を覚ましたらしく、ゆっくりソファに座り直した。丸腰だが、豪胆な老人だ。

突撃警備隊(アサルトス)の青と灰の制服を着た男が二人、ソファのそばに立ち、円盤型弾倉(マガジン)の銃を戸口に向けて構えていた。ソ連製の軽機関銃〈デグチャレフDP28〉だ。

ブルジョアの事務室だったのだろう、ソファの奥には、貧富の差を象徴するように、ウォルナットの頑丈なデスクが置かれている。そのすぐ後ろに、ひと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]