/

この記事は会員限定です

中島浩一郎氏(9) 「素直な」米材で生産安定

銘建工業社長 「宝の山」を創り出せ

[有料会員限定]
 当初、自社で米材を丸太から選んで、製材、乾燥を経て集成材にする生産方式を採用した。

仕事は会社のベテランの職人に教えてもらいました。理解できないと「あなたがやっていることはナンセンスじゃないか」などと生意気なことを言いましたので、「ナンセンス兄ちゃんが来た」などと陰口をいわれることもあったようです。木材市場では、これがスギ、あれがヒノキと、一から教えてもらいました。

仕入れの統括は父。2軒の問屋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

詳細はこちらから

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン