/

この記事は会員限定です

銀行口座の取引情報活用を 中小企業の資金繰り対策

根本直子 早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○資金繰りは5月に改善も6月以降は停滞
○業績不振企業ほど借り入れや預金が増加
○銀行内のデータやAI活用し企業支援を

コロナショックは全国の中小企業を直撃している。法人企業統計によれば、中小企業の4~6月の営業利益は前年同期比95%減と過去最大の減益となった。

だが銀行口座の取引情報に基づく資金の流れをみると、事業性キャッシュフロー(CF)は5月に改善方向に転じ、手元流動性も改善していることが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2646文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン