歩く大阪・読む大阪 平田達治著
渾身の都市論 歴史を追体験

読書
2020/10/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

練達のドイツ文学者による渾身(こんしん)の大阪論である。「歩く/読む」都市と聞いて想起されるのは、前田愛の名著『幻景の街 文学の都市を歩く』であろうか。同書では、作品ひとつごとに「描かれた都市」が前田一流の巧みな叙景を通じて「復原」されていく。他方、500ページに及ばんとする大部な本書では、主題・副題に示されるように、「読む」対象はすべて大阪を舞台とした作品にほかならない。

二部構成の本書で最初…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]