ロシア「銀の時代」(6) イワン・ビリービン「樽が海を流れていく」
東京外国語大学教授 沼野恭子

美の十選
2020/10/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ロシアの「銀の時代」には、ジャポニスムの現象も見られた。ヨーロッパに遅れること約30年だが、浮世絵の方法を自らの芸術に取り入れたロシア・ジャポニスムの顕著な例がビリービン(1876~1942年)のこの作品である。プーシキンの創作おとぎ話「サルタン王物語」に付された連作挿絵の一枚である。

日露戦争のさなかに「敵国」日本の芸術に惹(ひ)かれ影響を受けたロシア人芸術家がいたとは驚きだが、葛飾北斎「富嶽…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]