/

この記事は会員限定です

域内循環型の経済を目指せ 地方創生の視点

中村良平 岡山大学特任教授

[有料会員限定]
ポイント
○潜在的な稼ぐ力を持つ基盤産業見いだせ
○稼いだマネー循環しないと波及効果限定
○地方は企業よりも能力高い人材の誘致を

日本は高度経済成長を経て経済的に豊かになったが、その間に進んだ東京一極集中による地方との格差拡大とそれに関連した地方経済の活性化は、歴代内閣が対策を打ち出すも、長年解消できていない課題だ。

2014年秋からのローカルアベノミクスともいわれた地方創生は、稼ぐ力や雇用の創出による地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2650文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン