/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

詩人で童話作家の宮沢賢治の作品に出てくるクマは、まるで人間のように言葉をしゃべり、行動する。「なめとこ山の熊」では谷の風景をめでたり、猟師に傷を負わせた振る舞いを反省したりした。「氷河鼠(ねずみ)の毛皮」では無法に獣を乱獲する富裕層をつるし上げている。

▼自然の中で動物と人間は支え合わねば生きていけない――。いずれの物語も共生へのモラルを読者に問いかけるようだ。今風にいえばサステナビリティー(持続可...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン