/

この記事は会員限定です

小野寺正(20)NTT分割議論

資本・人事の一体性は不変 公正競争への道 さらに遠く

[有料会員限定]

通信市場に参入した第二電電(DDI)が常に突き当たる壁がNTTだった。彼らは100年にわたる官業時代に築いた通信設備や建物、管路、技術の蓄積、顧客との接点など有形無形の資産を有しており、私たち新規参入組はNTTのインフラなどにある程度、依存しないとサービスできない非対称の構造があった。

例えば長距離電話では都市間の基幹回線は自前で整備したものの、加入者宅につなぎ込む「最後の1マイル」のアクセス(足...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

小野寺正

KDDI相談役の小野寺正さんは東北大学工学部出身のエンジニアで、30代半ばまでは日本電信電話公社(現NTT)でキャリアを重ねました。1980年代半ばに京セラ創業者の稲盛和夫さんに誘われて、第二電電(現KDDI)の旗揚げに参画し、大きく人生が変わりました。通信市場の巨人であるNTTに対抗しようと、90年代後半に通信業界の再編は一気に動き出します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン