/

この記事は会員限定です

小野寺正(19)イリジウム

事業成功の計算もあえなく 米国の本社破綻、「寝耳に水」

[有料会員限定]

1990年代に第二電電(DDI)が力を入れた新規事業の一つが「イリジウム」計画だ。これも無線通信の一種だが、地上の基地局経由で交信する携帯電話などと違い、空の衛星経由で通信するのが特徴だ。幸い私は電電公社時代に衛星計画に携わったことがあり、衛星について一定の知見があった。そこでイリジウム事業に深く関与することになった。

このプロジェクトの主導者は、携帯電話事業のパートナーでもあった米モトローラ社だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン