生活者としての環境整備を 外国人労働者政策の課題
斉藤善久 神戸大学准教授

経済教室
2020/10/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○日本人に不人気な産業が受け入れで延命
○人材ビジネスの苦境で働き手確保難航も
○受け入れ産業は労働条件・環境の改善を

現在はコロナ禍で止まっているが、日本では外国人労働者の受け入れが拡大の一途をたどってきた。ただし就労状況をみると、外国人労働者でなければならないという性質の仕事はあまりない。特に近年大きく伸びてきた外国人技能実習制度については、そもそもの制度目的が「技能移転を通じた国際貢献」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]