/

この記事は会員限定です

生活者としての環境整備を 外国人労働者政策の課題

斉藤善久 神戸大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○日本人に不人気な産業が受け入れで延命
○人材ビジネスの苦境で働き手確保難航も
○受け入れ産業は労働条件・環境の改善を

現在はコロナ禍で止まっているが、日本では外国人労働者の受け入れが拡大の一途をたどってきた。ただし就労状況をみると、外国人労働者でなければならないという性質の仕事はあまりない。特に近年大きく伸びてきた外国人技能実習制度については、そもそもの制度目的が「技能移転を通じた国際貢献」な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2643文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン