/

この記事は会員限定です

購買者・納税者の潜在性重視 外国人労働者政策の課題

明石純一 筑波大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○企業に特定技能労働者の選好動機乏しい
○コロナ禍で働き手招く道義的責任を痛感
○地域社会に多様性と活力もたらす存在に

海外からさらに多くの労働力を呼び入れる新制度の運用開始から1年半余りが経過した。2019年4月施行の改正出入国管理法で新設された在留資格「特定技能」による外国人労働者受け入れ拡大のことだ。

日本で就労する外国人は専門性や定住性が異なる4つのグループで主に構成されている(図参照)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン