/

この記事は会員限定です

小野寺正(18)PHSの挫折

官民の思惑に無理を重ね 開始早々、通話不能が頻発

[有料会員限定]

これまで第二電電(DDI)が長距離電話や携帯電話で成功した話を書いてきたが、失敗や挫折もあった。その一つが今回取り上げるPHS(簡易型携帯電話)であり、もう一つが次回の「イリジウム」計画だ。

PHSといっても若い人にはピンとこないだろうが、40歳代以上の世代には「ピッチ」の愛称で覚えている人もいるだろう。DDIグループのDDIポケット電話やNTTグループのNTTパーソナルなど、3陣営が1995年に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

小野寺正

KDDI相談役の小野寺正さんは東北大学工学部出身のエンジニアで、30代半ばまでは日本電信電話公社(現NTT)でキャリアを重ねました。1980年代半ばに京セラ創業者の稲盛和夫さんに誘われて、第二電電(現KDDI)の旗揚げに参画し、大きく人生が変わりました。通信市場の巨人であるNTTに対抗しようと、90年代後半に通信業界の再編は一気に動き出します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン