/

この記事は会員限定です

労働巡る不平等を可視化 コロナ禍で拡大する格差

山森亮 同志社大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○ベーシックインカム巡るニュース相次ぐ
○コロナ下で緊急最低所得保証の検討必要
○経済のあり方の深い構造転換求められる

コロナ危機のなかで、困窮する人々が増えると同時に、これまでも存在した不平等が誰の目にも明らかになりつつある。こうしたなかベーシックインカム(Basic Income=BI)を巡るニュースが相次いでいる。

ブラジルで緊急BI法が成立したほか、ローマ教皇、スコットランド首相、米下院...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2646文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン