宇宙ごみ、対策広がる
WAVE A・T・カーニープリンシパル 石田真康氏

2020/10/15付
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他

米航空宇宙局(NASA)は9月22日、国際宇宙ステーションにおいて未確認の宇宙ゴミとの接近を回避するための軌道変更を行ったことを発表した。NASAによると、デブリは同日宇宙ステーション1.4キロメートルを通過していったとされている。NASAのブライデンスタイン長官によると、こうしたデブリ回避のための軌道変更は今年に入って3回実施されたという。

宇宙デブリ問題は、昨今世界で注目されている。1957…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]