/

この記事は会員限定です

宇宙ごみ、対策広がる

WAVE A・T・カーニープリンシパル 石田真康氏

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

米航空宇宙局(NASA)は9月22日、国際宇宙ステーションにおいて未確認の宇宙ゴミとの接近を回避するための軌道変更を行ったことを発表した。NASAによると、デブリは同日宇宙ステーション1.4キロメートルを通過していったとされている。NASAのブライデンスタイン長官によると、こうしたデブリ回避のための軌道変更は今年に入って3回実施されたという。

宇宙デブリ問題は、昨今世界で注目されている。1957年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン