/

この記事は会員限定です

デジタル化、低所得層に打撃 コロナ禍で拡大する格差

大久保敏弘 慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ下、所得格差・デジタル格差が連鎖
○大企業ほどデジタル化ツールを積極導入
○ベーシックインカムやデジタル課税一案

新型コロナウイルス感染症の拡大による経済危機は甚大だ。所得が低い人ほど大きな打撃を受け、所得格差が拡大している。対面サービスを提供する業種でも落ち込みが大きい。さらに今回の経済危機は経済的な不況にとどまらない。感染症流行による長期の経済活動低迷の半面、感染症対策として社会全体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2645文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン