/

この記事は会員限定です

赤神諒「太陽の門」(227)

[有料会員限定]

キリアンは素直すぎた。齢ごろは死んだアンヘルと同じだが、性格はまるで正反対だった。不気味なほど穏やかで、何でも言われた通りに従う。家族を殺害された怒りと哀(かな)しみを微塵(みじん)も感じさせなかった。身寄りのない身で他人に世話を掛けている遠慮もあろうが、顔に貼り付いた微笑の裏には、激情が隠されているのではないか。

「おばあちゃんの腰痛なんだけど、ずっとエスぺランサを抱っこしたりしてるからさ――」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り804文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン