/

この記事は会員限定です

小野寺正(11)鹿ケ谷の会合

稲盛さんが電話事業宣言 「現代版 打倒平家」加わる決意

[有料会員限定]

連載初回でも書いたように人生の転機が訪れたのは1983年11月、京都での会合だ。電電公社の先輩の千本倖生(せんもとさちお)さんに誘われ、京セラの迎賓館である「和輪庵(わりんあん)」という日本家屋で開かれた会合で、京セラ創業者の稲盛和夫さんや元通産省資源エネルギー庁長官で後に第二電電(DDI)の初代社長になる森山信吾さんに初めてお会いした。

会合には片岡増美、河西壮二、橘薫各氏ら公社の若手技術者の顔もあり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1127文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

小野寺正

KDDI相談役の小野寺正さんは東北大学工学部出身のエンジニアで、30代半ばまでは日本電信電話公社(現NTT)でキャリアを重ねました。1980年代半ばに京セラ創業者の稲盛和夫さんに誘われて、第二電電(現KDDI)の旗揚げに参画し、大きく人生が変わりました。通信市場の巨人であるNTTに対抗しようと、90年代後半に通信業界の再編は一気に動き出します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン