/

この記事は会員限定です

小野寺正(10)真藤総裁降臨

改革への熱意 理解できず 工事委託業者の裾野拡大

[有料会員限定]

通信衛星「さくら2」は1983年2月に種子島宇宙センターから打ち上げられ、無事軌道に乗ったが、私はその前の81年7月に衛星担当を外れ、建設局伝送無線課の課長補佐になった。宇宙に夢を描く衛星とは一変し、地上の無線設備の積算根拠などを仕切る地味な仕事だったが、この時の経験が後に第二電電(DDI)創業の修羅場で威力を発揮することになる。

ここで時代背景に触れておこう。「増税なき財政再建」を掲げた鈴木善幸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

小野寺正

KDDI相談役の小野寺正さんは東北大学工学部出身のエンジニアで、30代半ばまでは日本電信電話公社(現NTT)でキャリアを重ねました。1980年代半ばに京セラ創業者の稲盛和夫さんに誘われて、第二電電(現KDDI)の旗揚げに参画し、大きく人生が変わりました。通信市場の巨人であるNTTに対抗しようと、90年代後半に通信業界の再編は一気に動き出します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン