食べることと出すこと 頭木弘樹著 常識優先の生きづらさ描く

読書
2020/10/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

一人暮らしをする大学生だった20歳のとき、潰瘍性大腸炎を発症した著者の闘病記である。

潰瘍性大腸炎は、国が指定する難病で、患者は20万人以上もいる。炎症が収まる寛解期はあるものの、完治することはない。

大腸の粘膜に炎症が起き、潰瘍ができる。そのため、状態によっては、消化が難しい繊維質や脂肪分が多い食べ物、刺激物の摂取を制限される。著者が退院直後、避けたほうがよいと言われたのは、鶏ささみ以外の肉、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]