デジタル化で国際化、限定的 人民元の未来
露口洋介 帝京大学教授

経済教室
2020/10/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○第三者決済の普及もデジタル人民元促す
○人民銀行の中央集中管理で匿名性を欠く
○短期の資本取引規制は自由化の兆しなし

中国では、中国人民銀行(中央銀行)が、現金に代わる電子的な支払い手段である中央銀行デジタル通貨(デジタル人民元)の試験運用を開始するなど、実現に向け急ピッチの作業を進めている。デジタル人民元導入の目的は、当初の国内的な観点から国際的な観点に重点が移ってきている。

中国当局がデ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]