/

この記事は会員限定です

デジタル化で国際化、限定的 人民元の未来

露口洋介 帝京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○第三者決済の普及もデジタル人民元促す
○人民銀行の中央集中管理で匿名性を欠く
○短期の資本取引規制は自由化の兆しなし

中国では、中国人民銀行(中央銀行)が、現金に代わる電子的な支払い手段である中央銀行デジタル通貨(デジタル人民元)の試験運用を開始するなど、実現に向け急ピッチの作業を進めている。デジタル人民元導入の目的は、当初の国内的な観点から国際的な観点に重点が移ってきている。

中国当局がデジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン