/

インド太平洋構想とは 経済・安保両面で協力

きょうのことば

インド太平洋構想 太平洋とインド洋を結ぶ地域で、法の支配や市場経済を重視する国が協力する構想。安倍晋三前首相が2016年のアフリカ開発会議(TICAD)で打ち出し、菅義偉首相も基本方針として継承する。地域の平和と安定、繁栄に貢献し、経済と安全保障の両面で連携をめざす。日本や米国、オーストラリア、インドが中核となる。

経済面では東南アジアやアフリカで道路、橋梁など都市インフラの整備を進める。開発の透明性や返済国の債務残高を考慮した「質の高いインフラ投資」を特徴とする。中国が広域経済圏構想「一帯一路」を掲げ、同地域でインフラ投資を拡大するのに対抗する。

安保分野では中国の海洋進出を念頭にアジアと中東を結ぶシーレーン(海上交通路)を守る狙いがある。日米豪印の防衛協力は近年活発で、日本も3カ国と海上での共同訓練を重ねる。地域内の途上国の能力構築支援としてフィリピン、インドネシアなどで巡視艇供与や人材育成も手がける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン