赤神諒「太陽の門」(223)

赤神諒「太陽の門」
2020/10/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

「リチャードなら、酒場にでも顔を出していそうなものだけど……」

サムは内心ぎくりとした。デイジーにすっかり心を見透かされている気がして、春前の寒さなのに、額にはまた汗が滲(にじ)んだ。

長い付き合いのサムも、リックがマドリードで酒を飲まないはずはないと考えた。幸か不幸か、物資に事欠く街に、営業中の居酒屋は数えるほどしかなかった。

実際サムは、リックが入り浸っているらしい〈マニャーナ〉なる居酒屋へす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]