/

この記事は会員限定です

建築家の自邸 in USA(5) 「レーモンド・ファーム・センター」

建築史家 田中厚子

[有料会員限定]

ペンシルベニア州とニュージャージー州を区切るデラウェア川沿いののどかな田園地帯。池と木立を見下ろす場所にこの自邸がある。私が訪れたときは、ちょうど障子貼りの真っ最中だった。

現在のチェコ共和国に生まれ、1910年に渡米、ニューヨークの設計事務所を経て、米国の市民権をとったアントニン・レーモンドは19年に帝国ホテル設計中のライトの助手として来日した。ほどなく日本で独立、東京女子大学を含む多くの建築を設計した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン