建築家の自邸 in USA(4) 「グロピウス・ハウス」
建築史家 田中厚子

美の十選
2020/10/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ヘンリー・ソローが思索したウォルデン湖や「若草物語」のオルコットの家が近くにあるボストン郊外リンカーン。秋にはリンゴが実り、樹木が美しく紅葉するニューイングランドの小さな町。

ヴァルター・グロピウスはドイツのデザイン学校バウハウスの創始者で近代建築運動のリーダー。ナチズムの脅威を逃れ、1934年に英国に亡命、37年にハーバード大学建築学部の招きで米国に渡った。篤志家の協力でマルセル・ブロイヤーと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]