プライヴァシーの誕生 日比嘉高著 私的領域 拡張の歴史を検証

読書
2020/10/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

『近代名作モデル事典』なる古本が手元にある。編者は国文学者・吉田精一。バリバリの専門書だ。

だが吉田の序文は、読者が覗(のぞ)き趣味から手に取ることを想定している。価値は精細な梗概(こうがい)にあるが、「専門の大家や新進の研究者たちが、骨を折って詮索してくれたモデル考」のほうに「一般的な興味をひく読み物」としては重点があるだろうと無防備に書くのである。

無理もない話なのだ。何しろ「プライヴァシー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]