建築家の自邸 in USA(3) リチャード・ノイトラ「VDLリサーチハウス」
建築史家 田中厚子

美の十選
2020/10/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新興都市ロサンゼルスには、実験的な住宅が多い。ウィーン出身のリチャード・ノイトラは、ヨーロッパ発の近代建築運動を最も早くアメリカで実現した建築家の一人だ。1923年に渡米、妻子とともにライトのタリアセンに数カ月滞在した後、ウィーン工科大学の先輩であるシンドラーを頼ってロサンゼルスに移り、自邸の一室に借り住まいした。その後、鉄骨造のロヴェル健康住宅で注目され、30年には来日、講演している。

当時ノ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]