/

この記事は会員限定です

コロナ禍での過重債務問題 外形的な基準で削減迅速に

植田健一 東京大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○迅速な再生と破綻の選択が経済成長促す
○半徳政令により債務を機械的に大幅削減
○政府は倒産での失業者の円滑転職支援を

コロナ禍は半年程度ならいわゆる流動性危機で終わり、資金繰り支援で対応できたと考えられる。それに焦点を当てた政策対応は意味のあるものといえる。だがコロナ禍はいまだに終息せず先も確定しない。関連倒産が増え危機にひんしている企業も多く、債務危機となってきた。今後は政策対応を変える必...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン