/

この記事は会員限定です

価値創造という視点を持て DX実現の課題

豊田裕貴 法政大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○DXで何をするかが不明確な企業が多い
○業務の効率化だけがDXの目的ではない
○データに答えを求めずあくまでヒントに

DX(デジタルトランスフォーメーション)を導入するために何をすればよいか――このような質問を受けることが少なくない。取り組みレベルにより回答は異なるが、共通する課題として「DXが手段になってしまっている」と感じられることが多い。

このような基本的な誤認が、ビジネスの現場であるの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン