春秋

春秋
2020/10/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「英雄伝」を書いた古代ギリシャのプルタルコスは、酒杯を手にしながらの友人たちとの談議もつづっている。「食卓歓談集」(柳沼重剛編訳)という。宴会の料理は最初から一人ずつ取り分けるのがいいか、大皿からめいめいが取るのがいいか、という話が出てくる。

▼大皿派は、取り分けは一体感がそがれる点を問題視する。加えて、「同じ量の料理を割りふるというのは、一見ごもっとものようだが実ははなはだ不公平」という。小食の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]