/

この記事は会員限定です

カモノハシに恋して研究「ふ化」、広く魅力伝える

卵産む哺乳類 生態探り日本初の専門書 浅原正和

[有料会員限定]

くちばしと水かきがあって、毛皮を持つ。しかも哺乳類なのに卵を産む不思議な動物「カモノハシ」。キャラクターのモチーフにもなっている割には、詳しく知っている人はあまりいない。幼い頃に科学雑誌で見つけたこの生き物に魅了され、カモノハシの進化について研究している。

生態があまり知られていないのは、オーストラリア東部にしか生息していないからだ。動物園でもオーストラリア国外では見ることができない。体長は40...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン