社会保障改革は未完のまま アベノミクスの総括
小塩隆士 一橋大学教授

経済教室
2020/9/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○給付と負担の見直しなど本格改革先送り
○支え手は増えたが応能負担の調整進まず
○就職氷河期世代含め貧困の高齢化も課題

社会保障改革はどうしても痛みを伴うので、政権が安定していなければ政治的に難しい。安倍政権は7年余り持続し、改革にとって絶好のチャンスだった。しかし残念ながら、改革は未完のままに終わっている。

そもそもアベノミクスは社会保障改革を視野に入れていなかった。「3本の矢」は社会保障と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]