黒い雨に撃たれて(上・下) パメラ・ロトナー・サカモト著 日米 引き裂かれた家族の生

読書
2020/9/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

本書の主人公ハリー・フクハラは、シアトル郊外のオーバーンという町で生まれ育った日系人移民の2世だ。

父親の克二と母親のキヌは広島出身で、1920年にハリーは生まれた。5人きょうだいの次男だった彼は父の死後、一度は母とともに広島へ居を移すが、38年に再びアメリカへ渡る。日本での生活に馴染(なじ)めなかったためだ。だが、3年後に太平洋戦争が始まると、今度は移民排斥運動の中で、姉とともに強制収容所に収…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]