アウシュヴィッツ潜入記 ヴィトルト・ピレツキ著 収容所の実態 変遷を克明に

読書
2020/9/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

プリーモ・レーヴィの著作をはじめ、アウシュヴィッツ強制収容所から生還した者による体験記は、これまでにもあった。しかし、本書ほどユニークで、史料的価値も高いものは珍しい。

本書の著者ピレツキは、ナチ・ドイツ占領下のポーランドで地下活動をする武装抵抗組織の一員だった。そして、驚くべきことに彼は、アウシュヴィッツ収容所への潜入という、ほぼ自殺行為に近い任務に志願した。この出来たばかりの収容所の実態をロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]