笑いの哲学 木村覚著 裏側にある制約 果敢に暴く

読書
2020/9/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人間は笑う動物だと言われる。「笑い」とは何か。著者は冒頭で「笑いとは平穏な日常の破裂である」という定義を示す。だが、その内実は多様で複雑で、けっして一言ではくくれないことが判(わか)ってくる。

優越の笑いから不一致がもたらす笑い、さらにユーモアの笑いへ。考察の主な対象は、近年日本を巻き込んできた「お笑い」の名場面。切り込む視点は、西洋の哲学者たちが与えてきた「笑い」の分析である。そこからは「掟(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]