/

この記事は会員限定です

対象者・サービスの重点化を 介護危機の現状と課題

高野龍昭 東洋大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○介護保険の総費用額は自然増超えて膨張
○利用者負担拡大など近年の改革は効果薄
○被保険者の20歳以上への拡大など検討を

コロナ禍は高齢者介護分野にも影を落としている。重症化リスクが高い要介護高齢者の感染拡大を防ぐため、多くの介護事業者はサービス提供を縮小し、著しい減収に見舞われている。近年の介護保険制度改正で事業所の収入源である介護報酬が実質的に引き下げられ経営体力が脆弱化するなか、追い打ちを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン