「菅外交」アジアの期待は(複眼) 周永生氏/アピシット・ウェチャチワ氏/姜昌一氏/ソナル・ヴァルマ氏

時論・創論・複眼
2020/9/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

菅義偉首相にとって、激動する国際情勢への対応は待ったなしだ。特に関係の深いアジアでは、地域の安定と繁栄に向けて菅外交への関心が高い。安倍晋三前首相が積み上げた外交面の成果を引き継いだうえで、残された課題にどのように向き合うべきか。域内の元当局者や専門家などに聞いた。

◇  ◇  ◇

■中国、経済分断なら損失甚大に 外交学院国際関係研究所教授 周永生氏

中日関係は総合的にみて、いまも良い方向に向かって…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]