/

この記事は会員限定です

「菅外交」アジアの期待は

周永生氏/アピシット・ウェチャチワ氏/姜昌一氏/ソナル・ヴァルマ氏

(更新) [有料会員限定]

菅義偉首相にとって、激動する国際情勢への対応は待ったなしだ。特に関係の深いアジアでは、地域の安定と繁栄に向けて菅外交への関心が高い。安倍晋三前首相が積み上げた外交面の成果を引き継いだうえで、残された課題にどのように向き合うべきか。域内の元当局者や専門家などに聞いた。

◇  ◇  ◇

中国、経済分断なら損失甚大に 外交学院国際関係研究所教授 周永生氏

中日関係は総合的にみて、いまも良い方向に向かっている。安倍晋三前首相の下で日本と中国が共に関係を良くしようと努力してき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3697文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン