/

この記事は会員限定です

制度設計、人材確保を最優先で 介護危機の現状と課題

結城康博 淑徳大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○介護事業者側が利用者を選別する事態も
○訪問介護などは自治体の直接運営検討を
○「高福祉・高負担」の介護施策も選択肢に

政府債務残高の膨張が続き、新型コロナウイルス感染症の収束後には、いずれ政府は緊縮財政にかじを切らざるを得ないだろう。そうなれば社会保障給付費の抑制策は避けられない。

医療、年金、介護のうち、中長期的な給付費の伸び率が最も高いのが介護だ。2018年度を起点に団塊ジュニア世代がす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2640文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン