/

この記事は会員限定です

アウトサイダー見参(7) 草間彌生「ねぐらにかえる魂」

美術評論家 勅使河原純

[有料会員限定]

草間彌生のニューヨーク生活は波瀾万丈(はらんばんじょう)だ。過激なアートハプニングで米連邦捜査局(FBI)に追いかけられたり、留置場に入れられたりもした。その甲斐あって、現代アートのいろいろなジャンルで目覚ましい評価を勝ち得る。だが並外れた活動は、精神や肉体に極度の緊張を強いる。しだいに体調を崩し、1973年には日本へ一時帰国し入院している。世界に知られた前衛活動を止めないため、一刻も早くアメリカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン