/

この記事は会員限定です

土屋公三氏(24) 給料払って大工育成

土屋HD創業者 三つの「公」で家づくり

[有料会員限定]
 バブル期は人手不足が深刻だった。とりわけ建設業界は「3K」職場の一つともいわれた。優秀な大工や職人を自ら育成するため、1991年に企業内訓練校「土屋アーキテクチュアカレッジ」を設立した。

昔は大工さんといえば、小学生の男の子が将来、なりたい職業の上位に入っていました。ただ、時はまさにバブル。楽して稼ぐことが格好いいとの風潮もあったのでしょう。住宅建設の現場では、なり手不足が目立ってきました。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

詳細はこちらから

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン