全員感染のリスクも考慮を 統計学と感染症
佐藤彰洋 横浜市立大学教授

経済教室
2020/9/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○統計には測定誤差と推計誤差が存在する
○データの数字と結果の遅れの違いに注意
○対策にはデータに基づく先行指標活用を

新型コロナウイルス(以下、新型コロナと略)の感染拡大下にあって、政府や各種機関がデータに基づいて意思決定ができるよう様々な種類のデータ、指標が提唱されてきた。しかし、多くは全数調査ではなく標本調査に基づいている。データを集める場合、全数調査は時間的・資源的制約から実質的に困難…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]